中山伝信録 巻5| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

018(5)/伊波普猷文庫

中山伝信録 巻5

解説(Description)

  • 日本語
  • English

徐葆光(じょほこう)は江南の蘇州府長州県の人で、1719年(康熙58)に尚敬王の冊封副使として来琉。これは冊封の顛末をまとめたものである。冊封儀礼の様子や、琉球に滞在中に見聞した琉球の風俗、言語、地理、歴史などを清朝考証学的な体裁で記し、多くの挿絵を挿入している。江戸時代の知識人の琉球に関する知識はこの著に依るところが多い。またアントワーヌ・ゴービル宣教師によってフランス語に抄訳され、ヨーロッパでも紹介されている。第5巻では、琉球の公的機関や官僚機構、教育機関、宗教等について述べられている。『那覇市史』資料編第1巻3に原文及び読み下し篇が収録されている。

Xu Baoguang, originally from Suzhou City in Changzhou Prefecture, South China, visited the Ryukyu kingdom in the year 1719
on an investiture mission for the enthronement of King Shō Kei. This record is a report on this mission, which contains the
detailed information on Ryukyu tributary affairs.

It records those Chinese envoys' experience of Ryukyuan customs, language, geography, history etc, as well as the way in
which the enthronement ceremony were carried out, in the style of the kaozheng study with a variety of illustrations. Edo
period scholars had often relied upon this book as a resource for information regarding Ryukyu. It was also translated in part
by a French missionary Antoine Gaubil and was introduced into Europe.

The fifth volume describes Ryukyu's public and bureaucratic organizations, educational institutions, religions, etc.
The translation of the entire text of the book is available in the first of volume of Naha shishi (The History of Naha City).

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

中山伝信録 巻5

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る