遺老説伝 巻1| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

014(1)/伊波普猷文庫

遺老説伝 巻1

解説(Description)

  • 日本語
  • English

説話集。正史『球陽』の付巻として1745年成立。「遺老説伝」とは、本編には収められない古老の伝説を集める意で、全体141話が収められている。鄭秉哲ら編。筆写者や年代等は不明。巻1では、那覇の名称の由来についてや、蔡夫人の逸話などが収録されている。島袋盛敏による全文の訳(『遺老説傳 : 球陽外巻』学藝社発行、1935年)があり、伊波普猷はその序を書いている。『那覇市史』資料編第1巻2収録。

A collection of legends. This is an additional volume of the history book Kyūyō, completed in 1745. The word irō setsuden
means a collection of folklore told by elders which could not be included in the original. The book consists of 141 stories
in total, and was edited by Tei Heitetsu and others. The completion date and by whom it was copied are unknown.

The first volume includes the origin of the name "Naha," tales of “Saifujin” (Mrs. Sai), etc. There is a book with a complete
translation by Shimabukuro Seibin and a preface by Iha Fuyu. The entire text of the book is available in the second volume
of Naha Shishi Shiryōhen (The History of Naha City).

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

遺老説伝 巻1

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る