喜安日記写者及び年代不詳| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

010/伊波普猷文庫

喜安日記写者及び年代不詳

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本書は、1600年(尚寧12)に泉州堺より渡来し、茶道をもって尚寧王に仕えた閔氏喜安入道蕃元(びんうじ・きあんにゅうどう・ばんげん)の日記。
薩摩侵入(1609)に関する琉球側の数少ない資料の一つ。1609年(尚寧21)3月の薩摩の琉球入り前後から、捕虜となった尚寧王に従って
薩摩・江戸へ行き帰国する11年10月までの、約2年半にわたる記録である。尚豊王(在位1621~40)の在位期間中に成立したと思われる。
日記は全体として、回想の形をとり、筆者の直接の観察の及ばない場面についても描かれている。文体は、概して中世軍記、特に『平家物語』
のそれで、詠嘆的に語られている。日記の約1/2に相当する分量が軍記の叙述に依拠し、『平家物語』57例『保元物語』7例『平治物語』8例の
借用箇所がすでに確認されている。本資料は、嘉慶25(1820)年に写された現存する最も古い写本である。原本は現存しない。史料的価値に
ついては、事件に関する事実は薩摩側の資料『琉球渡海日々記』とも符合し、すでに認められている。また、日記には漢詩や和歌も収められ、
文学作品としても和文学の物語ないし日記の先蹤をなすもので、文学史上見逃せないものとなっている。

Kian Nikki is a diary of Bin'uji Kian Nyūdō Bangen from Sakai, Senshū (present Sakai, Osaka) who arrived in Ryukyu
in 1600 and served King Shō Nei as a tea master. It is one of the very few materials from the Ryukyuan point of view
regarding the Satsuma Invasion of 1609. It records the event spanning two and a half years in total, from around the
time of Satsuma's entrance into the Ryukyus on March, 1609 through Kian's return to Ryukyu after visiting Satsuma
and Edo with King Shō Nei, who was captured by Satsuma, on October, 1611. The diary was presumably completed
during the reign of King Shō Hō (reigned 1621-40).

The diary is written overall in the style of memories, thus containing descriptions beyond the author's knowledge and
experience. Its literary style is exclamatory, indicating that it generally follows that of war chronicles from the Middle
Ages, particularly that of The Tale of Heike. About half of the diary depends heavily on those Middle Age war chronicles
for its contents, and 8 examples of passages borrowed from The Tale of Heiji, 7 examples from The Tale of Hōgen, and
57 examples from The Tale of Heike have already been found. This existing material is the oldest copy made in 1820.
The original book is no longer in existence.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

喜安日記写者及び年代不詳

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る