女官御双紙3| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

135/仲原善忠文庫

女官御双紙3

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料は、 「女官御双紙 近習方」とあるが、内容は「聞得大君御殿並御城御規式之御次第」である。尚家から仲原氏が「女官御双紙」を筆写した際(昭和13年)に同じく写したものなのか、どのような経緯で入り込んだのかは不明。内容は「聞得大君御殿御規式之次第」「御城御規式之次第」「聞得大君御殿毎日之御たかべ」「毎月朔日七日十五日御たかべ」「唐大和両先嶋三平等御願之時御規式之御次第」の各項からなり、箇条書となっている。内容は、聞得大君御殿と城中の儀礼に関するもので、さらにお新下りの記事も挿入されている。琉球大学付属図書館所蔵の伊波本と違い、「さやは御嶽之図」が挿入されている。

This document was believed to be created around 1706-1713. Its content was about the pristesses during ancient Ryukyu. It contains the detailed regulations, inauguration rites of high-ranking priestesses such as Kikoe-Okimi, Oamushirare and Sanju Sankun of Mihira. Indispensable historical material for understanding the rituals of Ryukyu royal government. According to the publication date at the end of the book, this document is a mimeographed copy of Shoke-bon created in 1938 winter and also made from Hyojosho-bon( in the possession of Sakihara Mitsugu) in April 1951.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

女官御双紙3

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る