琉球新誌 巻下| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

132/仲原善忠文庫

琉球新誌 巻下

解説(Description)

  • 日本語
  • English

明治6(1873)年に大槻文彦によって上梓された上下二巻本の書物。大槻文彦は国語辞典『大言海』の著者として知られ、明治・大正期を代表する国語学者である。日本内外の史書や報告書をもとに琉球の全体像を描こうとしており明治初期の段階の琉球情報をまとめたものと位置づけできる。その内容は、上巻に地誌・気候・地質・物産・国名・史記・系統の項目を載せている。下巻は封貢・国体・人種・政体・歳計・農工・文教・風俗の項目と地図が付載されているはずだが、図は仲原本には見られない。

Two-volume book authored by Otsuki Fumihiko in 1873. Otsuki Fumihiko is Japanese well-known Japanese scholar and lexicographer of "Genkai "and famous scholar during Meiji and Taisho era. Based on historical or other documents collected from in and outside of the country, he tried to capture the entire picture of Ryukyu. This document is believed to have described Ryukyu from early Meiji era. Its content is, topography, climate, geology, local production and county name, historical document and

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球新誌 巻下

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る