琉球談| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

130/仲原善忠文庫

琉球談

解説(Description)

  • 日本語
  • English

「琉球談(りゅうきゅうばなし)」は森島中良が寛政2(1790)年に上梓した書物で刊行当時広く読まれいくつかの異本が出版されている。本史料は奥付に「東都書肆 須原屋市兵衛」の文字が見え書告が載せられていることから、寛政2年に出版された初版のものと見られる。内容は為朝渡琉伝説に注目し、日本と琉球の関りや風俗について記している。

“Discourse on Ryukyu” (Ryukyu Banashi) is a book written by Morishima Churyo in 1790. At this time, this book was widely read, there were several different versions published. At the end of this book, the signature of the publisher reading “Kyoto Shoshi Kibundo, Subaraya Ichibee” can be seen. This book was presumably compiled as the first edition in 1790. The contents are focused on the legengs of Minamoto Tametomo coming to Ryukyu, and the relationships of Japan and Ryukyu, and Ryukyu's old customs. It is recorded in“Edoki Ryukyu Mono Shiryo Shuran” (Honpo Shoseki,1981).

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る