琉球漆器考| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

119/仲原善忠文庫

琉球漆器考

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料は、沖縄県商工課長であった石澤兵吾が、首里王府貝摺奉行所から引き継いだ漆器の図案や仕様帳をもとに編纂したもので明治22年に出版された。仲原本は、沖縄県庁の蔵書であったことが奥書から見て取れる。王府時代の図案70点以上に、簡略な説明を付して載せている。琉球漆器に関する古典的な資料として価値があり。また、中には葬礼(葬式)に使う椀などの名も記され民俗的価値もあるだろう。

Published in 1889 by Ishizawa Hyogo who was the head of the commerce and industry section, Okinawa prefectural office. He compiled the design
drawings of lacquerware and specification document which were taken over to Ishizawa from Kaizuri Bugyosho. According to the colophon,
the Nakahara-bon has been in the possesion of Okinawa prefectural office. Seventy of design drawings and captions were written. Very important
material on Ryukyu lacquerware. Some lacquerware are described as soup bowls used for funeral rites, so this is good material from folkloric point
of view.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球漆器考

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る