南島紀事 上| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

108/仲原善忠文庫

南島紀事 上

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料 は、明治19(1886)年に刊行されたもので、内編(上・中・下の三冊)と外編(乾・坤の二冊)からなる。前者は後藤敬臣がまとめ、後者は西村捨三(1843~1908、四代目沖縄県令)が著したものとなっている。内編は、『中山世鑑』、『中山世譜』、『球陽』、『南島志』『沖縄志』や『中山伝信録』、『喜安日記』などを中心にして天孫氏からの歴代の王代の事績や出来事が述べられている。

"Nanto Kiji"was published in 1886, consists of three sections of Naihen ( first, second and third volume ) and two sections of Gaihen ( kan, kon ). Naihen was compiled by Goto Takaomi and Gaihen was compiled by Nishimura Sutezo(1843-1908: the 4th governor of Okinawa prefecture ). Naihen contains the article of "Chuzan Seikan", "Chuzan Sefu", "Kyuyo", "Nanto shi ", "Okinawa shi ", "Chuzan Denshinroku", "Kian Nikki". In these documents, the incidents and deeds done by successive kings since the lineage of Tenson are recorded.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

南島紀事 上

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る