巫馬姓 元祖国頭里主| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

106/仲原善忠文庫

巫馬姓 元祖国頭里主

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料は、久米島の喜久里家に伝わる家譜の一種で「元祖由来記」(巫馬姓家譜)とも称される。喜久里家に伝来する「家譜」を喜久里教文氏が昭和13(1938)年に翻刻したものである。久米島には他に「美済姓家譜」、「太史姓家譜」、「公孫姓家譜」などが現存している。成立は、美済姓家譜等と同じく乾隆24(1759)年であると見られる。

This is a genealogy which was handed down by Kikuzato Family, in Kumejima island.
It is also called Ganso Yuraiki, Fuma Sei's genealogy. It was reprinted by Kikuzato, Kyobun in 1938.
In Kumejima island, there were also genealogy of Bisai Sei's, Taishi Sei's and Koson Sei's.
They were believed to be established in 1759.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

巫馬姓 元祖国頭里主

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る