蔡温随筆集| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

103/仲原善忠文庫

蔡温随筆集

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料は、近世琉球時代を代表する学者・政治家の蔡温が著した「自叙伝」「農務帳」「家内物語条々」を収録したものである。琉球史料研究会が昭和33(1958)年に出版したもので、もともとは、昭和8~10年ごろに沖縄郷土協会(会長大田朝敷、副会長島袋源一郎)によって出版されたものであった。収録された三書にはそれぞれ、蔡温の生い立ちから晩年までのエピソード、農業政策、各家々が守るべき事柄などが記されている。

This is a collection of essays of Saion who is the most renown academian and politician of early modern period in Ryukyu. This collection of Saion's essays contains "Jijoden( autobiography )", "Nomucho( Book of the agricultural policy ) "and "Kanai Monogatari Jojo(managing the rural household )", published by the study group of historical material of Ryukyu in 1958. Although, this document was originally published by Okinawa Folk Association ( President: Ota Chofu, Vice President: Shimabukuro Genichiro ) around 1933 through 1935. Each of these work tells of the episodes of the Saion's background and his late life, his agricultural policy, as well as the instructions issued to each of the households.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

蔡温随筆集

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る