琉球人大行列記 来朝新板絵入| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

093/仲原善忠文庫

琉球人大行列記 来朝新板絵入

解説(Description)

  • 日本語
  • English

「琉球人大行列記」は、寛延元(1748)年から文化3(1806)年までの半世紀あまりのうちに、7度にわたり11種が重版されている。大部分が先行の版木をそのまま用い、人名・行列内容等で前回と著しく異なる部分や刊行年、版元名を修正して版を補い、江戸だけでなく京都や大阪でも刊行された。本史料も内容的には1806年(文化3)の江戸上りの紹介だが、序文の記年および刊行年は前回1796年(寛政8)のままであり、表紙の副題簽に「文化3年来聘」と書かれている。文化3(1806)年の使節は、正使読谷山朝英、副使小禄良和、合計97名からなる。

"Ryukyujin Daigyouretsu Ki (Long Procession of Ryukyuan )" was reprinted seven times into eleven different versions. For the major part, same woodblock was used, only the drastic changes on people's names, processions, year of publishing, name of the publisher was rivised. This document was published not only in Edo, but also Kyoto and Osaka. There on the front cover is the subtitle that reads " 1806 " although in the preface and the publishing year remains as 1796. For the mission in the year of 1806, there were totaling 99 people, including the senior envoy Yomitanzan Choei and the vice envoy Oroku Ryowa.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球人大行列記 来朝新板絵入

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る