琉球人行列附 天保三癸辰年| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

091/仲原善忠文庫

琉球人行列附 天保三癸辰年

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料は天保3(1832)年に尚育王即位の謝恩として派遣された琉球使節の行列絵である。人名や持ち道具なども記されている。もともとは一枚物の紙だったものを、後に冊子状にしている。江戸の平野屋助三郎の発行、版元は大木屋平右衛門、画は歌川国芳。歌川国芳は、江戸末期を代表する浮世絵師のひとりである。この時の使節は、正使豊見城朝春(途上死亡)、副使沢岻安慶、合計97名。

In this document, the drawings of Ryukyuan procession who were the gratitude missions for inaugurating King Sho Iku, and also the names of the envoys and items are shown. Published by Hiranoya Sukesaburo, Okiya Hemon, drawn by Utagawa Kuniyoshi.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球人行列附 天保三癸辰年

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る