東遊草 巻之上| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

078/仲原善忠文庫

東遊草 巻之上

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料は天保15(1844)年に東都書肆から板行された漢詩集(全三巻)である。上巻は鄭元偉(伊計親雲上、後に湖城親方)、中巻は魏学源、下巻は尚元魯(浦添王子朝熹)。天保14(1843)年正月付けの鮫島玄霧の序文がついている。本史料の内容は、1842年冬に第12代将軍徳川家慶の襲職を慶賀するための江戸立ち(琉球から江戸)の際に詠んだ漢詩で、紀行体で収められている。桜島、明石、富士山などの景勝地や敦盛墓、小野小町墓なども描かれており興味深い。

"Toyuso" is an anthology of Chinese poetry published by Totoshoshi in 1844. It is made up of three volumes. It compiles the poems read on the way to Edo in the winter of 1842 in order to congratulate the 12th Shogun, Tokugawa Ieyoshi’s appointment. The poems are about the picturesque sceneries of Mt. Fuji, Akashi and Sakurajima, as well as the graves of Tairano Atsumori and Ono no Komachi. The first volume contains the works of Tei Geni (Ikei Pechin, later Kogusuku Oyakata), the second volume contains the pieces of Gi Gakugen, and the third volume has Sho Genro (Urasoe Oji Choki)'s work.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

東遊草 巻之上

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る