中山聘使略| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

077/仲原善忠文庫

中山聘使略

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料は、天保3(1832)年に琉球使節を紹介する目的で刊行された版本である。本来は折り本形式だった冊子を、和綴じに綴りなおしている。天保3年には、尚育王の即位に際しての謝恩使(正使豊見城王子、副使澤岻親方を中心に94名)が送られている。内容は主に、琉球使節を紹介するものであるが、琉球がどのような国であるのか、その王系や行列の官人の職名・人名などを紹介している。また、使節たちの道具などには、図を付けて紹介している。冒頭には、徐葆光『中山伝信録』に所収されている「琉球三十六島図」「琉球国図」等の地図を転載している。

"This material was published in order to introduce the Ryukyuan envoys. It was a folded book(Ori-hon) at the time of publishing, but later, it was remade into Japanese-style bound(Toji-hon) book. In this year, the Ryukyuan missions of gratitude were sent by the King Sho-iku to Edo. The document introduces the Ryukyuan envoys telling what sort of country the Ryukyu is, the genealogy of the royal family, and also the list of the ranks and the names of officials. It is also illustrated with drawings of the items and tools that the envoys had. The maps in the document are reprinted from the book ""Chuzan Denshinroku ""written by Xu Bao Guang .
"

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

中山聘使略

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る