おもろさうし No.6| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

070/仲原善忠文庫

おもろさうし No.6

解説(Description)

  • 日本語
  • English

おもろさうし」は、12~17世紀ごろにかけて謡われた各地のオモロを首里王府が採録し編集した沖縄最古の歌謡集(全二十二巻)である。本史料は、仲原が、仲吉本を底本にし尚家本と伊波本によって校訂したものである。原稿用紙下段に校訂本文、上段に原注と校訂注が記されている。「おもろさうしNo.6」には、「おもろさうし」第八巻、第九巻の校訂本の草稿が書かれている。

The Omoro Soshi, the oldest anthologies of the Okinawan poetry compiled by the Ryukyu royal government. The text was revised by Nakahara Zenchu, using the Nakayoshi-bon(version) as the basis, and also the Shoke-bon and Iha-bon for reference. On the bottom half of the paper is written the original texts, the upper part is the annotation. After the revision, it was published as “Kohon Omoro Soshi” (edited by Nakahara Zenchu, Hokama Shuzen, published by Kadokawa Shoten Publishing Co., Ltd 1965). In “Omoro Soshi No.6”comprises the draft for revising the book of eighth and ninth volume of the Omoro Soshi.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

おもろさうし No.6

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る