琉球入貢紀略| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

064/仲原善忠文庫

琉球入貢紀略

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料は、琉球人の江戸上り(江戸立ち)に際し、江戸で刊行された琉球物刊本である。天保3年本(1832年)と嘉永3年(1850年)再版本の二種が確認され、両書には記述に若干の相違が見られるが、内容はほぼ同一である。本書は嘉永三年本である。挿入されている図版は『琉球談』『琉球奇譚』から転用したと考えられる。作者の山崎美成(やまざきよししげ、1796-1856)は、江戸時代の随筆家で北峰・好問堂などと号し、和漢古今の書物を渉猟した人物である。本書は、琉球の概略と日本との関係などについて紹介し、これまでの琉球使節の入貢について略述している。

This is a book published in Edo in the wake of Edo nobori(Procession of Ryukyuans to Edo ). The year of publishing, 1832 and 1850 was confirmed. Although a slight difference on description can be seen in these two versions, the content is almost the same. This is the one that was published in 1850(the year of 3 in Kaei period). Illustrations were believed to be taken from the books titled "Ryukyu dan" and "Ryukyu kitan". The author of the book, Yamazaki Yoshishige(1796-1856), an essayist. He used pseudonyms ' Hokuho ' and ' Koumondo ', studied Chinese and Japanese literatures of ancient to modern times intensively. In this book, Yamazaki briefly described the profile of Ryukyu, relationship with Japan and the Ryukyu's past tributary activities.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球入貢紀略

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る