湛水親方の名誉のために| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

063/仲原善忠文庫

湛水親方の名誉のために

解説(Description)

  • 日本語
  • English

仲原善忠「湛水親方の名誉のために」(「琉球新報」1956年6月4日~16日、全12回連載)の新聞切抜きである。湛水親方賢忠(唐名:夏徳庸、1623~1683年)は古典音楽湛水流の創始者であり、羽地王子朝秀(唐名:向象賢)の改革期に禁令(妓女を妻とした罪)を犯して追放された人物として語られがちであるが、仲原は羽地改革の政敵としての湛水の側面を描いた。本資料内には、連載以後に気づいた本文のミスを訂正している箇所がある。

A collection of newspaper cut-outs titled “Tansui Oyakata no Meiyo no Tameni” (In defence of Tansui Oyakata ), in which Nakahara Zenchu wrote a series of articles in the Ryukyu Shimpo from 4th June to 16th June 1956 (12 pieces ). Tansui Oyakata Kenchu (Chinese name Ka Tokuyo, 1623-1683) was the creator of Tansui-ryu school of Ryukyuan classical music. Normally, he was described as a person who was banished for committing a crime at the time of Haneji Oji Choshu’s (Chinese name Sho Shogen) political reforms.In the articles, Nakahara viewed Tansui Oyakata, as an opponent to Haneji’s reform policy.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

湛水親方の名誉のために

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る