御財政 琉球国| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

062/仲原善忠文庫

御財政 琉球国

解説(Description)

  • 日本語
  • English

" 本史料は琉球の石高の内、首里王府が持つ財政収支を記したもので編者等は不明、康熙61(1728)年頃(やや遡る)の状況を第一巻(収入)、第二巻(支出)として詳細にまとめている。大御支配(元文検地、乾隆検地)を前にして王府が財政状況を把握するために作成したものらしく、貴重な史料である。
 本史料は仲原氏が比嘉春潮氏の所蔵本から複写したものと考えられ、随所に研究上のメモが見られる。"

This is the document which Nakahara Zenchu transcribed the material that Higa Shuncho had owned. In this document, the fiscal revenue and expendeture of Ryukyu government at the time of 1728 is recorded in vol.1(revenue ) and vol.2 (expenditure). Ogo shihai ( Genbun Kenchi land-survey, Kenryu Kenchi land-survey ) ahead of Ryukyu, Shuri government compiled this document in order to get a grasp of fiscal conditions in Ryukyu.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御財政 琉球国

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る