奉使琉球始末 草稿之一部| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

055/仲原善忠文庫

奉使琉球始末 草稿之一部

解説(Description)

  • 日本語
  • English

琉球処分官松田道之が著した『琉球処分』全3冊(1879年)の草稿の一部である。「奉使琉球始末」は、松田の第1回目の来琉(1875年7月10日那覇着)の際に、王府側との交渉・説得に奔走した経過を伝える文書である。文書中の朱書きには、仲原善忠が加えた朱書き(活字本『琉球処分』との違いを朱書きしている)と松田自身と考えられる朱書きとがある。松田著『琉球処分』は、喜舎場朝賢著『琉球見聞録』とともに琉球処分研究にとって必要不可欠の基本文献であり、その草稿もまた歴史的価値がある。

This is part of the book"Ryukyu Shobun "(3-volumes 1879 ) that Matsuda Michiyuki, the Chief Secretary of the Home Ministry of Japanese government wrote. "Hoshi Ryukyu Shimatsu"is a record that tells of the process on negotiation and persuasion of Ryukyu Matsuda engaged when he first came to Ryukyu in 1875. Note in red are the part Nakahara added afterward and Matsuda himself put down. Matsuda's "Ryukyu Shobun" is a basic material on study of Ryukyu Annexation. Its manuscript is worthwhile as well.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

奉使琉球始末 草稿之一部

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る