沖縄口承文芸| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

054/仲原善忠文庫

沖縄口承文芸

解説(Description)

  • 日本語
  • English

『日本民俗学大系』12巻奄美・沖縄の民俗、比較民俗学的諸問題(平凡社、1959)に収録されている仲原善忠の論文抜き刷りである。「一、古い謡い物」、「二、古い唱え物」、「三、琉歌」からなる。『おもろさうし』収録の歌謡を中心に紹介したもので、沖縄にはどのような口承文芸が存在したのか述べられている。

This text was originally a thesis recorded in “Nihon Minzokugaku Taikei vol.12” (Outline of Japanese Volkskunde vol.12 Heibonsha Limited, Publishers1959)A comparative study of folk ethnology on Amami and Okinawa. It is considered to be a copy that Nakahara was keeping and using as a reference. . It introduces the songs recorded in the "Omoro Sōshi", showing what sort of oral literature existed in Okinawa.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

沖縄口承文芸

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る