新版琉球人てまり歌| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

045/仲原善忠文庫

新版琉球人てまり歌

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料は琉球人行列を題材にした数え歌形式の手まり歌を印刷したもの。琉球人行列やその見物の人々の様子を歌にしている。嘉永4(1851)年とあることから、前年の尚泰即位に際する謝恩使の来訪を契機に作られたものと考えられる。作者や版元など不明な部分が多い。嘉永4年とあることから前年に訪れた尚泰即位に際する謝恩使(正使玉川王子朝達、副使野村親方朝宜からなる99名)が江戸に来たことを契機に作られたものと考えられる。

This is a collection of songs in printed form focusing on the processions of Ryukyu people and onlookers. Inferred from the date 1851, it is believed that it was made the year prior to the time when an envoy of gratitude (senior envoy Prince Tamagawa Chotatsu, vice envoy Nomura Oyakata Chogi, totaling 99 people) for the appointment of Shō Tai, was sent to Edo. Who published or wrote this song book is still unknown. Reprinted version is available in “Edoki Ryukyu mono shiryo shoran” (Honpo shoseki 1981). Temariuta is a kind of children's song or play song to which girls sing along as they bounce temari balls (balls of cotton wound tightly around with threads of many colors.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

新版琉球人てまり歌

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る