薩琉軍談一| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

042/仲原善忠文庫

薩琉軍談一

解説(Description)

  • 日本語
  • English

本史料は、1609年に行われた島津氏による琉球侵攻を題材にして創作された軍記物語である。成立は、18世紀前半とみられ数多くの異本が伝来している。内容は主に、琉球侵攻の理由・薩摩勢の奮戦振りなどが描かれている。地名・人名はまったくの創作であるが本軍記を通じて当時の民衆が琉球観を形成した点を考えると興味深い。『薩琉軍談壱』には、巻之一・二が収録され主に侵攻前夜・陣配りの状況が描かれている。

This material is a military epic novel based on the incident of Satsuma invasion of Ryukyu by Shimazu clan in 1609. Since it is a fiction, there should be a clear line drawn between this document and the historical facts. It was believed to be written during the early 18th century, and many copies are still in existence. The contents are mostly the reasons for the invasion of Ryukyu and how Satsuma military continued their invasions. Although the names of the people and sites are not real, it’s a very interesting material to understand how the public shaped their views toward Ryukyu at the time. In the
first and second chapter of this book, about the arrangements of the camp and the night before the invasion are written.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

薩琉軍談一

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る