おもろさうし 第二十一 第二十二| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

036/仲原善忠文庫

おもろさうし 第二十一 第二十二

解説(Description)

  • 日本語
  • English

「おもろさうし」は、12~17世紀ごろにかけて謡われた各地のオモロを首里王府が採録し編集した沖縄最古の歌謡集(全二十二巻)である。いくつかの諸本が存在するが本文書は仲原が仲吉本から筆写したものである。第二十一巻はくめの二間切(久米島)、第二十二巻はみやおだいり(公事)のオモロを採録している。

The Omoro Soshi is the Okinawa’s oldest collection of songs which was recorded, transcribed and compiled by the Shuri Royal Government.
It contains the Omoro sung in each area between the 12th and 17th centuries (in 22 volumes). This text is considered to be a reproduction of the
Nakayoshi Chōjo book, photographed by Nakamoto Seichi in 1960. This document was considered as the basis for Nakahara’s research into the Omoro, and afterward, his findings were published as the “Kohon Omoro Soshi” (Edited by Nakahara Zenchu, Hokama Shuzen Published by Kadokawa Shoten
Publishing Co., Ltd in 1965). The twenty first volume contains Omoro from Kume Island, and the twenty second volume contains Omoro which are
official ritual songs.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

おもろさうし 第二十一 第二十二

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る