模合帳| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

022/仲原善忠文庫

模合帳

解説(Description)

  • 日本語
  • English

「模合帳」と仮題が付された短い史料であるが、計32名の名前が列記されているだけで、性格は不明。史料中には「西原」「古謝村」「高原村」「与義村」「嘉手刈村」「石川村」「登川村」「知花村」等の村名が見られる。村名などから推定するに、美里間切で行われていた模合の参加者名簿と思われる。

Tentatively titled "Moaicho", a brief document listing the names of 32 people. However it is unknown what this book is for. In this document, "Nishihara", "Koja village", "Takahara village", "Yogi village ","Kadekaru village ", "Ishikawa village ", "Noborikawa village"and "Chibana village"are shown. Inferred from the names of the villages, this is a participants list for Moai held in these areas.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る