琉球来聘志(仮) 天保十三年| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

015/仲原善忠文庫

琉球来聘志(仮) 天保十三年

解説(Description)

  • 日本語
  • English

表題は「(仮)琉球来聘志天保十三年」と書かれた天保13(1842)年の江戸上りに関連すると思われる。この時の使節は、将軍家慶の就任を慶賀する使節で正使浦添朝熹・副使座喜味盛普等を中心に99名からなる。内容はさまざまな書物から抜粋して作られたと考えられ、中山略系、琉球慶賀謝恩使略、中山王献上物・浦添王子献上物、琉球の部、登城に関連する記録、使節が演奏した曲目と演者などに分かれており、その本史料の成立について詳細は不明である。

From the title that reads "Ryukyu Raiheishi Tenpo 13", it is considered as related document of "Edo Nobori"or "Ryukyu Procession to Edo". The delegates are to felicitate the succession of Shogun Ieyoshi. The missions consit of 99 people including senior envoy Urasoe Choki and vice envoy Zakimi Seifu. The documents are said to be a collection of varioud excerpts from other books. The details on how this document was compiled are unknown.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球来聘志(仮) 天保十三年

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る