琉球一件帳| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

013/仲原善忠文庫

琉球一件帳

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1830年ごろまでの琉球の概要と制度を薩摩に報告するために作成された史料と見られる。内容は、大まかに沖縄島内の間切・村名や人口、財政の収支のほか各役所の機構や位階定・品定などが述べられている。これらの具体的な項目や数字は當時の琉球を知る上で貴重な史料であるといえよう。本文内に薩摩からの質問に対し答える項目や琉球側の宜野湾親方から薩摩の平田直次郎様へ宛てる文書が見られる。ただ、その報告内容は過去の記録から抜き出されたものと見え、それぞれの記述がどの段階で書かれたものなのかは別途検討する必要がある。


This is a document that descreibes the brief overviews and institutions of Ryukyu around the time of 1830. It was made
in order to be sent to Satsuma-han. The names of Magiri, Mura, the island population, financial revenues and expenditures,
administrative offices, official ranks are described. Also the documents that were made to answer the questions from Satsuma,
and the article written by Ginowan Ueekata addressed to Hirata Naojiro of Satsuma are included. Its content were presumably
excerpted from the past record. When each description was written shoule be examined.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

琉球一件帳

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る