聞得大君御殿並御城御規式之御次第| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

011/仲原善忠文庫

聞得大君御殿並御城御規式之御次第

解説(Description)

  • 日本語
  • English

仲原が昭和21(1946)年11月に伊波普猷所蔵本を筆写したものである。内容は、聞得大君(琉球国の最高級神女)に関わる年間祭祀を箇条書きに示している。祭祀にはどのような物を用意すべきかなど、具体的な祭祀の状況を含む。また、祭祀の場で聞得大君が謡う「おたかへ」も収録されている。本文書には仲原がメモや解読の際に残した記録が残されている。王府時代の聞得大君を中心とする祭祀の状況を知る上で重要な史料である。

"This manuscript was written in November 1946 by Nakahara from the book that Iha Fuyu had owned. In this document, annual event and rituals with which Kikoe Okimi was involved were itemized. Also, it includes the actual process of rituals as to, for example, what kind of items should be prepared . And “Otakahe”, the songs sung by Kikoe Okimi at the rituals were recorded. In this material, Nakahara left note on when he deciphered the document. This is very important historical document to learn the religious practice conducted during the Ryukyu Dynasty era centering on the Kikoe Okimi.
Kikoe Okimi: The status of highest-ranking priestess of Ryukyu Dynasty."

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

聞得大君御殿並御城御規式之御次第

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る