支那冊封使来琉諸記 上巻| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

008/仲原善忠文庫

支那冊封使来琉諸記 上巻

解説(Description)

  • 日本語
  • English

「支那冊封使来琉諸記」(上巻)との名称が付されているが表題横に元治元(1864)年との書き込みがなされている。この部分は仲原の加えがきであり、表題もまた仲原が付したものと考えられる。これらの史料は島津玉里家によって収集され、現在の玉里文庫番外史料に残されている。その元治・慶応年間中の冊封使来琉時に行われた冠船貿易に関する史料15点を仲原が筆写したものと考えられる。上巻には、「冠船并謝恩船金万入目帳」「勅使逗留中諸物払総帳」「冠船付評価物買立帳」が収録されている。(玉里文庫は現在、鹿児島大学附属図書館が所蔵)

The title that reads "The Record of Sakuhoshi delegates from China 1st volume"was put, and also the year of 1864 was indicated at the side.
Presumably Nakahara added this information and the title afterward. This historical document was first gathered by Shimazu Tamazato family, stored
as extra edtion of Tamazato collection. It is considered that Nakahara transcribed the fifteen articles of historical documents concerning Kansen trade
(Kansen is a ship on which Chinese delegates are on board )during the time when Chinese delegates came to Ryukyu in the Genji and Keio era.
(Tamazato collection is now in the possesion of the Kagoshima University Library).

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

支那冊封使来琉諸記 上巻

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る