久米具志川間切旧記写| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

006/仲原善忠文庫

久米具志川間切旧記写

解説(Description)

  • 日本語
  • English

成立は、寛保3(1743)年にまとめられたものと見られ、関連する『久米仲里旧記』より40年後のことである。昭和13(1938)年春に仲原善秀によって筆写されたもので、久米島按司(領主)の興亡とそれにまつわる伝説が描かれている。『久米仲里旧記』は、島の祭祀に重点をおき島人の信仰生活をうかがう史料となるが、後者はその按司(領主)などの政治的機構を知ることのできる史料である。『具志川旧記』には異本『具志川間切旧記并嶽々神名記』が、戦前に沖縄県立沖縄図書館にあったが戦禍で失われている。

This document is believed that it was edited in 1743. It was 40 years after Kume Nakazato Old Record,
which is also Kume island-related document, was compiled. This record was transcribed by Nakahara Zenshu
in the spring of 1938, tells of the story of the rise and fall of Kume Nakazato Aji(feudal lord) and other legends.
Kume Nakazato Old Record is a historical document that describes the local rituals and religious belief of island people.
This document Gushikawa old Record writes about the administrative structure under the Aji (feudal lord).
There used to be "The Old Record of Gushikawa magiri and Origins of Sacred Sites", the alternative version of
Gushikawa Old Record stored in the prefectural library Okinawa Library, but it was lost during the battle of Okinawa.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

久米具志川間切旧記写

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る