(漂流離人死亡につきその処置を願う文)/A plea in regards to the treatment of dead refugees| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

172/宮良殿内文庫

(漂流離人死亡につきその処置を願う文)/A plea in regards to the treatment of dead refugees

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。1丁。139.5×25.8cm。楮紙。乾隆50(1785)年12月27日。
B 乾隆50(1785)年に西表島上原村に漂着した福建省泉州府同安県(ふっけんしょうせんしゅうふどうあんけん)の陳戒
(ちんかい)から提出された報告書。漂流した経緯と死亡した林共(りんきょう)のこと、貨物がないこと、南蛮和尚(なん
ばんおしょう)が中国人に変装しているのではないこと、武器を所持していないことなどを報告している。
乾隆50(1785)年 12月27日付。

This is a report from Chen Jie and others who drifted ashore Uehara Village, Iriomote Island from Tongan
Quanzhou Prefecture, Fujian Province in 1785. They reported the details of how they drifted ashore, the death
of Lin Gong, that they did not have any cargo, that they were not Western Monks dressed up as Chinese and
that they were not in pocession of any weapons. Dated 27 December, 1785.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

(漂流離人死亡につきその処置を願う文)/A plea in regards to the treatment of dead refugees

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る