難人陳泰寧より八重山頭宛の遭難経過報告書並救助に対する謝礼状/(Please see the description for the English tilte| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

171/宮良殿内文庫

難人陳泰寧より八重山頭宛の遭難経過報告書並救助に対する謝礼状/(Please see the description for the English tilte

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。1丁。50.5×22.6cm。楮紙。

本史料は、乾隆50(1785)年に西表島上原村に漂着した福建省泉州府同安県(ふっけんしょうせんしゅうふどうあんけん)の
陳戒(ちんかい)らの陳情書である。陳戒は、林共(りんきょう)とともに「櫃」(ひつ)に入って漂流していたが、林共が死亡した
ため、林共に棺や衣服を与え埋葬するよう要請し、さらに櫃を燃やした際に出てきた鉄釘を返却してほしいとの旨を要請して
いる。乾隆50(1785)年12 月27日作成。提出先は八重山島蔵元(くらもと)であろうと思われる。

Title: Nanjin Chin Tai Nei yori Yaeyama kashira ateno sounan keika houkokusho narabini kyuujo ni taisuru shareijo
(Report and Letters of thanks to the Leader of Yaeyama from the refugee Chin, Tai Nei).

This is a letter of request by Chin, Kai and others who drifted ashore Uehara Village, Iriomote Island
from Tongan Quanzhou Prefecture, Fujian Province in 1785. According to the contents, Chin, Kai and
Rin, Kyou have been drifting at sea in a waterchest but Rin, Kyou has passed away before reaching
Iriomote Island. The letter asks for clothes and a coffin to be given to Rin, Kyou as well as a burial.
They also requested for the metal nails to be returned after the waterchest has been burnt. Written
on 27 December, 1785. The addressee was most probably the Yaeyama Kuramoto.


(Updated on September 8, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

難人陳泰寧より八重山頭宛の遭難経過報告書並救助に対する謝礼状/(Please see the description for the English tilte

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る