口上覚/A verbal note| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

156/宮良殿内文庫

口上覚/A verbal note

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。1丁。酉年11月。
末尾に登場する「平得与人」が自分の今までの功績をもとに「所遣座役」に任命してほしいと申請した文書。
これまでの功績として今まで与えられた「御褒美状」や担当村での年貢不足分を完済したことなどを挙げている。

(2015年9月8日更新)

An application written by Hirae, Yunchu, outlining his achievements in order to be employed as Tokorodsukaizayaku.
Amongst his list of achievements were the letters of praise he received and the completion of payment in yearly taxes
for the village he was responsible for.

(Updated on September 8, 2015)

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

口上覚/A verbal note

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る