(各間切上納米割当記録)/Record of rice tax deliveries from each district| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

147/宮良殿内文庫

(各間切上納米割当記録)/Record of rice tax deliveries from each district

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。5丁。24.8×19.4cm。楮紙。明治26(1893)年。表欠。

表紙が欠落し、標題は不明であるが、八重山に課せられた上納米、夫役の割当高を記録した内容であることがわかる。
文書末には明治26(1893)年とある。大浜間切(おおはままぎり)・石垣(いしがき)間切・宮良(みやら)間切・与那国(よ
なぐに)島の各間切・島ごとに負担する年貢米、重出米(かさみでまい)の上納高が記され、夫役に関しては、負担人数と
ともに、船手座(ふなてざ)や蔵元(くらもと)、勘定座での小使・水夫、遠見番(とおみばん)勤めといった配置箇所なども記
されている。

Although the cover is missing and the title is unclear, this document is identified to be a record of
the amount and distribution of rice and labour taxed on Yaeyama. It is dated 1893 at the end. Includes
records on the distribution of tribute rice and additional rice taxes on Magiri Oohama, Ishigaki, Miyara,
Yonaguni etc . In terms of compulsory labour services, the records indicated the number of people, and
their placements in various positions of the Shipping Department, the Kuramoto and the Accounting
Department.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

(各間切上納米割当記録)/Record of rice tax deliveries from each district

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る