(漂流唐船主より八重山への文書)/Report from a Chinese refugee boat owner to Yaeyama| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

144/宮良殿内文庫

(漂流唐船主より八重山への文書)/Report from a Chinese refugee boat owner to Yaeyama

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。2丁。不同。楮・唐紙。乾隆51(1786)年7月21日・8月2日。

乾隆51(1786)年7月21日に漂着船の船主の李其昭(りきしょう)による漂流報告書。内容は、漂流して八重山に至る
までの経緯と積載貨物・乗務員名簿からなる。

A report from Li Ji-zhao, who was the owner of the ship that drifted ashore on 21 July 1786. Includes details
on how they drifted to Yaeyama and lists of passengers cargos aboard.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

(漂流唐船主より八重山への文書)/Report from a Chinese refugee boat owner to Yaeyama

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る