(唐人難船救助の礼状)/Letter of thanks from Chinese refugees| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

141/宮良殿内文庫

(唐人難船救助の礼状)/Letter of thanks from Chinese refugees

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。1丁。40.0×37.0cm。唐紙。嘉慶20(1815)年正月14日。

嘉慶19(1814)年12月25日に八重山へ漂着した呉利徳(ごりとく)を船主とする漂流民の礼状。漂流中に海に転落
した8人のうち遺体が発見できた5人を棺に入れ埋葬し墓碑を立て、行方不明の3人に対しては酒などを用いて祭祀
をとり行ったことなどを感謝するという内容となっている。作成されたのは嘉慶20(1815)年1月14日である。

A letter of thanks from Captain Go, Ri Toku on behalf of all the survivors from the shipwreck on 25
December, 1814. Go thanked Yaeyama for conducting proper burials for the five people that fell into
the sea whose bodies could be located, as well as offering rice wine to the spirits of the three that
were missing. Written on 14 January, 1815.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

(唐人難船救助の礼状)/Letter of thanks from Chinese refugees

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る