唐人難破船よりの礼状/Letter of thanks from Chinese refugees| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

140/宮良殿内文庫

唐人難破船よりの礼状/Letter of thanks from Chinese refugees

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。1丁。乾隆50(1785)年12月16日。

本史料は、乾隆50(1785)年に八重山島に漂着した福建省福州府の陳泰寧らに関するものである。内容は、陳
泰寧らの船舶や積荷、乗務員の情報と、彼らが「南蛮和尚」、「南蛮廟之人」などのキリシタン関係の人間ではな
いことを報告するものとなっている。積荷は「青豆」、「豆粉」、「豆渣」、「白菜」、「銅鑼」、「飯鍋」、「空甕」であり、
乗務員は陳泰寧以下29名である。なお、宮良殿内文庫 138号、139号文書は関連史料である。

This is related to Chen Tai-ning and others who drifted ashore Yaeyama Island from Fu Jian Province
(China) in 1785. The contents include information on the ship, its cargo and the passengers as well as
speculations that they may be Western Monks who are related to Christianity. The cargo included green
beans, bean powder, crushed beans, Chinese cabbage, gongs, pots and empty jars. The passengers
totalled 29 people including Chen Tai-ning. Related to sources no. 138 and 139 in the Miyara-Dounchi
Library.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

唐人難破船よりの礼状/Letter of thanks from Chinese refugees

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る