唐人難破船よりの礼状/Letter of thanks from Chinese refugees| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

138/宮良殿内文庫

唐人難破船よりの礼状/Letter of thanks from Chinese refugees

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。2丁。乾隆50(1785)年12月27日。

乾隆50(1785)年に西表島上原村に漂流した福建省泉州府同安県の陳戒による漂流報告書兼宗門改め書である。
宛先不明。冒頭に「唐人證文弐枚内壱枚宗旨證文・壱枚死人葬禮」とあるが、内容と合致しないように思われる。ま
た、八重山島蔵元で保管していた控え書きである。内容によると陳戒らは、前年6月にアモイを出帆し、今年の12月に
山東省に到着したものの、12月11日に大風に巻き込まれ、船は転覆した。陳戒は林共とともにどうにか「水櫃」に入り海
上を漂っていたところ、林共は寒さと飢えのため死亡。陳戒のみようやく八重山に漂着したということである。また、陳戒が
中国人の服装を着た「南蛮和尚」(キリシタン宣教師か?)ではないということを述べている。宮良殿内文庫139号、140
号文書は関連史料である。

This is a report or a religious census by Chen Jie in 1785 who drifted ashore Uehara Village on Iriomote
Island from Fujian Province in China. The addressee is unclear. The list of contents at the beginning seem
to be different to the actual contents. Also, it has the characteristics of memos kept by the Yaeyama
Island Kuramoto (Administration). According to the contents, Chin Kai and others left Amoi in June the year
before and arrived in Shang Dong Province (China) in December this year but suffered a shipwreck on 11
December due to strong winds . Chen Jie and Lin Gong climbed into a waterchest and have been drifting
at sea. During the process Lin Gong died of hunger and cold so Chen Jie drifted ashore Yaeyama by himself.
Also, there were accounts of suspicions that Chen Jie was a Western Monk ( Christian preachers?). Related
to sources no.139 and 140 in the Miyara-Dounchi Library.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

唐人難破船よりの礼状/Letter of thanks from Chinese refugees

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る