口上覚/A letter of request and Memorandum| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

134/宮良殿内文庫

口上覚/A letter of request and Memorandum

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。8丁。25.6×19.4cm。楮紙。

八重山島の目差(めざし)クラス・与人(ゆんちゅ)クラス・首里大屋子(しゅりおおやこ)クラスが提出した要望書に頭
(かしら)三人が次書きした文書。宛先不明。上国する役人が進上物や付届として持参する物品が百姓の負担と
なっていることから、百姓から物品を求めることをやめるよう命じられたこと対して、制限付きで許可していただきたいと
いう内容を要請している。作成年不明。

A letter of request from the Mezashi class, Yunchu class and Shuri Ooyako class of Yaeyama Island that
is backed by the three Kashiras. Addressee unknown. The gifts and goods brought to mainland Okinawa
by these government officials came from the peasants. As it was such a burden on them, the Yaeyama
officials were ordered to stop taking goods from the peasants. In this letter, they are jointly requesting
the conditional permission to ask for certain goods from the peasants.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

口上覚/A letter of request and Memorandum

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る