鄭嘉訓書(ていかくんしょ)/Chinese Poems by Tei, Ka Kun| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

133/宮良殿内文庫

鄭嘉訓書(ていかくんしょ)/Chinese Poems by Tei, Ka Kun

解説(Description)

  • 日本語
  • English

12枚 26.9×12.0cm。

鄭嘉訓揮毫の行書漢詩。末尾に「鄭嘉訓」「爾方」の方印2顆が認められる。 鄭嘉訓は近世琉球第一の書家で,
薩摩藩主島津斉彬に招かれて藩士の指導にあたったこともあり, 西郷隆盛もその流だといわれている。 楷行草いず
れにも優れ,繊細かつ雄勁な筆致で知られる。

Chinese poems written in running script by Tei, Kakun. The stamps Tei, Kakun and Jihou could be
identified at the end. Tei, Kakun is the number one calligrapher in modern Ryukyu and has been appointed
to teach feudal warriors by the feudal lord of Satsuma- Shimadsu, Nariakira. Saigou, Takamori's style is
said to belong to the same school of calligraphy. Tei is known to be superior at printed, running and
cursive styles of writing, with his delicate yet powerful brush strokes.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

鄭嘉訓書(ていかくんしょ)/Chinese Poems by Tei, Ka Kun

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る