豊川親方書礼法式習伝書/Master Tomikawa's instructions on text formats| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

132/宮良殿内文庫

豊川親方書礼法式習伝書/Master Tomikawa's instructions on text formats

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。96丁。26.0×19.5cm。楮紙。同治10(1871)年の写本。墨書で発問,朱書で返答

同治10(1871)年に来島した検見使者相附(けんみししゃあいつき)潮平筑登之親雲上(しおひらちくどぅんぺーちん)の
書物を、松茂氏當意(まつもしとうい)が筆写したもので、書簡をしたためる際の作法・形式をまとめたマニュアル本である。
宛書の書き方、書簡の巻き方(折り方)・包み方、書状に使用する文言の解説、官位・身分に対応した書き方、場面
を想定した文例など詳細な解説がなされている。

This is a handwritten copy by Matsumo, Toui based on the letter-writing manual from the Kenmishishaaitsuki
(position) Peechin Shiohira Chikudoun who came to the island in 1871. Includes detailed explanations on how
to attention the letter, fold it, written vocabulary, the different methods of writing to people of different ranks
and sample writings for specific situations.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

豊川親方書礼法式習伝書/Master Tomikawa's instructions on text formats

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る