御在番仲真里之子親雲上様始御筆者衆招請之時/Record of Peechin Nakama's Banquet Menu| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

130/宮良殿内文庫

御在番仲真里之子親雲上様始御筆者衆招請之時/Record of Peechin Nakama's Banquet Menu

解説(Description)

  • 日本語
  • English

編著者:宮良当壮か?形態:筆書。光緒3(1877)年。1巻。枚数:7枚の紙を継ぎ合わせているが最終余白の続きが無い。
36cm×322cm。序文・奥書:なし。保存状態:不良。

御在番の仲真里之子を招請した時の献立記録である。内表紙に包丁人翁長仁屋の記載があるので,献立作成および料
理は彼の料理人によるものであろう。献立内容はNo.92と同じである。

(金城須美子)

A record of the menu at the banquet for Peechin Nakama, who was a zaiban. On the inside cover
there were records of the cook Onaga, Niya, therefore it is most probable that he was the chef in
charge of the banquet. The contents of the menu appear to be the same as source no. 92 in the
Miyara-Dounchi Library.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御在番仲真里之子親雲上様始御筆者衆招請之時/Record of Peechin Nakama's Banquet Menu

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る