御在番仲真里之子親雲上様を始御筆者衆招請之次第/Record of Peechin Nakama's Banquet| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

122/宮良殿内文庫

御在番仲真里之子親雲上様を始御筆者衆招請之次第/Record of Peechin Nakama's Banquet

解説(Description)

  • 日本語
  • English

丑年(1877)12月25日。17.8×22.5cm。1件,5枚(損欠)。

八重山側の首脳による首里王府派遣の在番(1名),在番筆者(2名)に対する招宴の次第を記した文書。接待の詳細な内容を
伝える。この時の在番・仲真里之子親雲上(首里士族)は1876年の赴任。筆者は崎浜筑登之親雲上(那覇士族),宮里里之
子親雲上(首里士族)であった。 文庫資料整理番号121に続く招請。

(高良倉吉)

Notes on Yaeyama's banquet reception of one Zaiban and two Zaiban Hisshas dispatched by the Shuri
Government. Includes detailed descriptions of the reception. The zaiban at the name was Peechin
Nakama, who was a Shuri elite and was appointed in 1876. Written by Peechin Sakihama (Naha elite)
and Peechin Miyazato (Shuri elite). Related to source no. 121 of the Miyara-Dounchi Library.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御在番仲真里之子親雲上様を始御筆者衆招請之次第/Record of Peechin Nakama's Banquet

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る