仕置(向象賢著)/Shioki (By Shou, Jouken)| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

119/宮良殿内文庫

仕置(向象賢著)/Shioki (By Shou, Jouken)

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。38頁。昭和10(1935)年12月10日,沖縄郷土協会発行。

本史料は昭和10年(1935年)に沖縄郷土協会によって発行された『羽地仕置』(はねじしおき)の翻刻。『羽地仕置』
とは1666年~1673年に摂政であった、羽地按司朝秀(はねじあじちょうしゅう・唐名:向象賢(しょうじょうけん)が布達し
た内容を一つにまとめたもの。内容として旧慣意識の刷新・家譜の制定・地方への取り組みなどを提唱しており、近世
琉球王国の成立に大きな影響を与えた。

This text is a copy of the Haneji shioki released by the Okinawa Folk Committee (Okinawa Kyoudo
Kyoukai) in 1935. Haneji shioki is a summary of all the orders issued by the Haneji Aji- Choushuu (Chinese
name: Shou, Jouken), who was the regent between 1666~1673. This text promoted the reforming of the
attitude towards old customs, the establishment of genealogical charts and other regional initiatives and
had a huge influence over the establishment of the Ryukyu Kingdom.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

仕置(向象賢著)/Shioki (By Shou, Jouken)

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る