入日記/Information on foreigners drifted ashore| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

109/宮良殿内文庫

入日記/Information on foreigners drifted ashore

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。6丁。13.0×38.5cm。

本史料は、漂流・漂着事件に関する冊子や文書の目録を記したものである。内容を見てみると、「異国方御條書
五冊」(いこくほうごじょうしょごさつ)など漂流・漂着船に関する命令文書と思われるものや、「大清雍正八年
庚戌八重山嶋白保村江漂着異国人日記壱 冊」(だいしんようせいはちねんかのえいぬやえやまじましらほむらえ
ひょうちゃくいこくじんにっきいっさつ)などのように、実際に起きた事件の関する日 記、さらに漂着船を修
理した際の記録や、漂着した唐人に書かせた証文なども含まれる。

This is a catalogue of the booklets and documents regarding the drifting ashore of foreigners due to
accidents at sea. Includes actual orders passed, such as the Five books on regulations regarding
foreigners; diaries of actual incidents such as A diary of the drifting ashore of foreigners on Shiraho Village,
Yaeyama Island in 1730; records of ship repairs and declarations written by the Chinese who drifted
ashore.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

入日記/Information on foreigners drifted ashore

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る