文書集/Collection of Documents| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

108/宮良殿内文庫

文書集/Collection of Documents

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。126丁。

表紙は、脱落のため1962年に新たに付けられたもの。文中に、乾隆43(1778)年に白朝堯(ハクチョウギョウ)なる
人物によってまとめられたと記されている。原本か写本かは不明。史料内容は主に、大和に対する書状の例文
集と、書状の文法・用語に関する解説書。前半部分と後半部分は欠損か。「出家書札略様」(シュッケカキフ
ダリャクヨウ)「當用文法集」(トウヨウブンポウシュウ)など数項目に分かれており、白朝堯がいくつかの文法書の
類から、琉球での書状作成に必要な項目を抜粋し、省略するなどして書き調えたものだと考えられる。書状以
外にも「掛物銘書」(カケモノメガチ)「絵馬書様」(エマカキヨウ)「石燈籠」(イシトウロウ)といった項目も見られる。

The orginal cover was missing and was replaced by the current one in 1962. It is written that this text
was put together by a person named Haku, Chougyou. It is unclear whether this is the original or a copy.
The contents are mainly letter samples and explanations on grammer and terminology used in
correspondences to Yamato. Some parts were missing or damaged. Haku, Chougyou extracted from a
range of grammer books, the necessary parts for letter-writing in Ryukyu as well as omitted some
irrelevant parts. Other than letters, items such as Kakemonomegachi, Emakakiyou and Ishitourou were
also included.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

文書集/Collection of Documents

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る