御在番様招請之時諸品渡帳 他/Service Manual for entertaining guests etc| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

102/宮良殿内文庫

御在番様招請之時諸品渡帳 他/Service Manual for entertaining guests etc

解説(Description)

  • 日本語
  • English

内題:丑年一二月廿五日宮良親雲上より御在番様招請之時向々江諸品渡帳。編著者:宮良殿内用達方。
光緒3(明治10:1877)年。1冊。 墨付10丁。12.6cm×38cm。保存状態:不良(虫損,疲れ)。

表紙に光緒三丁「丑年後在番様招請之時」とあるので,尚泰王20(1877)年に八重山在番として着任した,仲真
里之子親雲上の接待に関わる記録の一つである。表題の「御在番様招請之時向々江諸品渡帳 他」に綴じられ
た五つの文書の一冊。宮良殿内で催される在番(首里王府から派遣される役人)の饗宴の準備として,予め宮良
親雲上から包丁方,賄方,活花方,茶湯方,配膳方,行燈方など各役職へ配付した諸品目・数量を書き記した
留帳。宴席料理に必要な食材料・調味料の他,活け花係,行灯係には接客準備に上布,麻布,巻紙,蝋燭,灯
油,石灯籠などの物品を配付している。包丁方(料理担当)へ渡された諸品には,散砂糖七斤,麦の粉七升七合,
密林酒壱沸二合,田おなぎ二斤百目,ぶた肉七斤,山猪九斤,屋久貝拾甲,黄大根六斤,生魚弐拾三斤,い
りこ三粒,昆布その他,饗応料理に用いたであろう多種多彩な食材料の記録がある。琉球王朝末期,八重山在番
の歓待にどれほどの費用がかかったのか,産物・食材には何かあったか概要を知ることもできる。

One of the records concerning the reception of Peechin Nakama, who was appointed as the Zaiban for
Yaeyama by King Shoutai in 1877. This is one of five parts binded under the volume title. In preparation
for the reception of Zaibans at Miyara Dounchi, Peechin Miyara left notes with instructions on cooking,
catering, flower arrangement, ways to serve tea and lighting etc. From this source, we can see how much
was spent on the entertainment of Zaibans at Yaeyama as well as the types of produce and foodstuffs
that were available towards the end of the Ryukyu Kingdom.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

御在番様招請之時諸品渡帳 他/Service Manual for entertaining guests etc

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る