肝要成書面集/Collection of administrative documents| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

091/宮良殿内文庫

肝要成書面集/Collection of administrative documents

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。37丁。27.4×20.2cm。楮紙。咸豊5(1855)年2月5日。

咸豊5年(1855)に松茂氏若文子宮良仁屋(まつもし わかてぃくぐ みやらにや)によってまとめられた書面集であるが、
なかには道光年間の文書も含まれている。詰医者(つめいしゃ)の用向きのため滞在中の鉢嶺筑登之と、八重山住人
の石垣尓也との借宿をめぐる問題の事案や、傷害事件に関する事案等の訴訟関係の史料等がある。ほかに田地の
売買に関する証文、位を請うための言上写(ごんじょううつし)、王府より禁止されていた瓦葺家を茅葺に改築するように
との命に対する弁解の口上覚(こうじょうおぼえ)など様々な文書が収められている。

Although this is a collection of documents put together by the Wakateikugu Matsumo Miyara Niya in 1855
(Kanpou 5), documents from the Doukou Period were also included. Documents relating to the incident of
Hachimine Chikudoun's request for accommodation from the Yaeyama resident Ishigaki Niya, as well as
documents relating to lawsuits involving incidents resulting in injury could be found. Furthermore, there
were documents in relation to the sale and purchase of paddy land, notes from applications for higher ranks,
and counter-arguments to the government's order to revert back to hay roofs etc.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

肝要成書面集/Collection of administrative documents

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る