(八重山島蔵元と沖縄開運会社間の契約書)/Contract between The Yaeyama Islands Kuramoto and Okinawa Kaiun Co.| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

089/宮良殿内文庫

(八重山島蔵元と沖縄開運会社間の契約書)/Contract between The Yaeyama Islands Kuramoto and Okinawa Kaiun Co.

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。8枚。27.7×20.0cm。楮紙。罫紙使用。
本史料は、八重山島蔵元(くらもと)と沖縄開運会社(おきなわかいうんがいしゃ)間の契約文書である。明治23
(1890)年11月締結の「条款」と、「追加」の条項、明治23年12月6日付の「追約定証」、明治26(1893)年4月
7日の「追加スヘキ条款」によってなる。内容は、八重山島からの「貢物」(こうぶつ)および「公費品類」に関して船
舶による輸送はすべて沖縄開運会社が取り仕切ること、運行回数や、乗客の手回り品についての数量規制など
が記されている。また、非常時における対応や、八重山島の役人や学校生徒の運賃を減額する旨についても記載
される。この契約は宮良間切(みやらまぎり)、大濱間切(おおはままぎり)、石垣間切(いしがきまぎり)の三人の頭
(かしら)と沖縄開運会社社長代理によって結ばれていた。

This is a contract between The Yaeyama Islands Kuramoto and Okinawa Kaiun Co. It consists of
the articles executed in November 1890, and other supplementary articles added on 6 December
1890 and 7 April 1893. The contract states that the shipping of goods to the govenment on mainland
Okinawa should be conducted entirely by Okinawa Kaiun Co. It also lists provisions for the number of
trips and the amount of personal luggage allowed for passengers etc. Furthermore, it also has records
of emergency procedures, and concessions for officials and students from Yaeyama. The contract was
signed by the three Kashiras of Yaeyama, each from Miyara Magiri, Oohama Magiri and Ishigaki Magiri
respectively, as well as the CEO of Okinawa Kaiun Co.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

(八重山島蔵元と沖縄開運会社間の契約書)/Contract between The Yaeyama Islands Kuramoto and Okinawa Kaiun Co.

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る