(与那国島田原水道に関する書状)/Letters regarding water service of Tabaru, Yonaguni Island| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

088/宮良殿内文庫

(与那国島田原水道に関する書状)/Letters regarding water service of Tabaru, Yonaguni Island

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。3丁。25.9×19.5cm。楮紙。明治24(1891)年6月10日。

本史料は与那国島に詰めている役人たちに宛てた、八重山島の政庁から送られた書状。与那国島の者たちが開墾
した田を、開墾したから雨が降らなくなったという邪説を提唱して、取り上げようとした者たちを必ず見つけ出
すよう命じている。

A letter from the government office of Yaeyama Islands addressed to the officials of Yonaguni Island.
The Yaeyama government strictly ordered to find those who adovocated a heretical idea that cultivating
lands had caused absence of rain and attempted to seize those lands.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

(与那国島田原水道に関する書状)/Letters regarding water service of Tabaru, Yonaguni Island

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る