登川親雲上作為/Noborigawa Pēchin's works| 琉球・沖縄関係貴重資料 デジタルアーカイブ

081/宮良殿内文庫

登川親雲上作為/Noborigawa Pēchin's works

解説(Description)

  • 日本語
  • English

1件。5丁。26.5×19.5cm。楮紙。

遊女鶴に関する孝行話が記されている。舞台は琉球で四歳のころに遊女屋に売られた鶴が両親を探し求めるという
もの。琉球文学の一形式である「つらね」で描かれる。作成年不明。

A tale of a filial piety about the harlot named Tsuru. Tsuru was sold to a prostitution house when she was
four years old and was planning to find her parents. Written in Tsurane form, which is a style of Ryukyuan
literature. Date written unknown.

詳細

横にフリックしてページを閲覧できます。

登川親雲上作為/Noborigawa Pēchin's works

閉じて一覧へ戻る

 トップへ戻る